So-net無料ブログ作成
検索選択

温暖化法廃案も経済界に無力感 成長戦略との矛盾に批判も(産経新聞)

 通常国会が16日に閉会するのにともない参議院で審議中だった「地球温暖化対策基本法案」が廃案になる。法案に反対してきた経済界からは、廃案を契機に見直しを求める声が高まっているほか、菅直人首相の掲げる成長戦略との矛盾への批判も出ている。ただ、菅首相は15日の参議院本会議で「最善の案で見直すつもりはない」と明言。「政権の方向性が変わらない以上、何も変わらない」(日本経団連)との無力感も漂っている。

 法案には2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する目標が明記されたほか、地球温暖化対策税の導入や再生可能エネルギーの全量固定価格買い取り制度の創設などが盛り込まれ、過大な負担を強いられる経済界は強く反対してきた。

 小沢鋭仁環境相も同日、「法案は修正しない。次期国会に早期に再提出したい」と、参院選後に召集される予定の臨時国会での成立に意欲を示した。環境省や経済産業省も、国内排出量取引制度の設計に向けた作業チームを設置し検討を進めるなど、成立を前提に動いている。

 これに対し、経済界からは、参院選後に審議が仕切り直しになることから、「(現実的な目標に)ぜひ見直してほしい」(日本化学工業協会の西出徹雄専務理事)と、再考を求める声が強まっている。

 特に今国会での審議に対しては、「25%削減による経済的影響や政策効果の説明がなかった」(電気事業連合会)など、不十分との不満が強く、「もっと情報を出して国民的な議論を尽くすべきだ」(日本経団連)と主張している。

 また、菅首相が環境などの成長産業を活性化し「強い経済」の実現を掲げていることに対し、「(企業に過大な負担を迫る基本法案との)整合性が問われる」(日本総合研究所の高橋進副理事長)との批判も出ている。

 菅政権が法案を修正せずに再提出し早期成立を目指せば、経済界からの反発が一段と強まるのは必至だ。

【関連記事】
東電など次世代型電力計の導入計画続々 データ活用事業 他業種も注目
【News解説】鳩山路線決別も…「反省なき再出発」 
菅首相「政治の役割は最小不幸の社会を作ること」
ゴア元副大統領夫妻が熟年離婚へ 多忙によるすれ違いが原因?
氷河融解で苦しむヒマラヤ 「白き神々」は泣いている

服役男性の手紙を紛失 京都刑務所(産経新聞)
新型「さくら」公開=来春、山陽・九州新幹線直通(時事通信)
野田財務相、財政健全化に意欲(医療介護CBニュース)
<わいせつ行為>モデル志願女子高生に 容疑の教諭逮捕(毎日新聞)
クマに“お仕置き” 人と共生へ秘策(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。